about

公式サイト:https://tb-m.com
LIMEX(ライメックス)とは:https://tb-m.com/about/
アワード:https://tb-m.com/company/award/

LIMEX(ライメックス)は、石灰石を主原料とし、紙やプラスチックの代替として用いることができる新素材です。

世界で石灰石は豊富にあり、日本の鉱物資源の中で唯一100%自給自足できる資源です。石灰石は、高効率でリサイクルも可能なため、ほぼ無尽蔵と言っても過言ではありません。

水や木をほぼ使わずに紙代替製品を、石油の使用量を減らしてプラスチック代替製品をつくることができ(東京大学とのLCAの共同研究を実施)、コスト競争力もあるため、「エコロジーとエコノミー」を両立することが可能です。

最近では各方面から注目を頂いており、シリコンバレーの3大アクセレーターの1つ、Plug&Playでソーシャル・インパクト・アワードを受賞、その他、グッドデザイン特別賞(ものづくり部門)、クールジャパンアワードを受賞、メディアの方では日本経済新聞、CNN、カンブリア宮殿、がっちりマンデー!!等で特集されております。

LIMEXは、2014年に国内特許を取得しており、現在は日本を含む43カ国で、国際特許を取得・申請中です。2016年、LIMEX名刺の販売を開始、2017年、スシローの全店舗でメニュー表が採用される等、紙・プラスチックの代替となるLIMEX製品のラインナップ、販売チャネルも増えています。

LIMEXの製造は、水をほとんど使わないで済み、またコンパクトな工場であることから、立地を選ばず工場を建てることができます。経済産業省のイノベーション拠点立地推進事業の補助金を受け、2015年に宮城県に第一工場を建設し(第二工場は宮城県多賀城市に建設予定)、現在同工場では約50名のオペレーター(正社員)がLIMEXの製造を行っています。

2017年、サウジ政府、日揮とサウジアラビアでのLIMEXの製造活動に向けた基本合意を締結しました。その他、水が貴重な国々をはじめ、世界各国から熱い期待と視線を集めており、今後世界中へLIMEX工場の輸出を進めていき、日本の技術によるグローバルへの展開を進めていきたいと考えています。